耳で聞く読書がオススメ。

オーディオブックは活用できるととても便利なので紹介。

オーディオブックは

(1)プロが読み上げるオーディオブック
(2)電子書籍を読み上げる簡易オーディオブック

の2種類があります。
昔は(1)を中心に利用にしていて最近は(2)がメインになりました。

(1)プロが読み上げるオーディオブック
電子書籍の読み上げと違って、プロが読んでいるため読み間違いがなく安心して聞くことができます。
色々提供しているサイトはあるのですが、メインどころは①AudibleFebeの2サイトです。
どちらもスマホアプリを提供しているので手軽に聞けます。

Audible
定額月額1,500円が特徴でオーディオブックをまずは試してみたいという方にオススメ。
また、瞑想・マインドフルネス向けの音声や書籍を充実させています。

(プレスリリース)
「いつでもどこでも」本を「耳で楽しめる」オーディオエンターテインメントサービス「Audible(オーディブル)」 Audibleの“スマホ瞑想”で心も体も綺麗になろう!! 耳で聴いて実践する瞑想・マインドフルネス タイトルを配信開始 ~Audibleで手軽にもっと瞑想の時間を生活に取り込んで内なる美しさを実現~

Febe
ダントツの品揃。
定額ではなく自由に好きな書籍を都度購入します。
プレミアム会員といったお得に購入する制度もあるのですがリニューアルするようです。

(2)電子書籍を読み上げる簡易オーディオブック
読み間違いはあったりイントネーションが変だったりと欠点もありますが、手持ちの書籍を読み上げてくれるのがメリット。KindleUnlimitedとの相性がとにかくよくてお気に入りです。
瞑想やマインドフルネスの本も色々あります。ただ音声誘導として活用するには向いていないと思います。

iPhoneやAndroid、PCで読み上げが可能なのですが一番使いやすいのはiPhone。
設定 → 一般 → アクセシビリティ → スピーチ → 画面の読み上げをON。
Kindleの読み上げたいページまで移動して、画面上部から下に2本指でスワイプで読み上げが開始されます。とくかく手軽で便利です。

AndroidはTalkBack機能を利用するのですが正直操作性が悪くオススメできません。
Androidの方が優れている箇所もあって、iPhoneは画像ページで読み上げがストップするのですが、Androidは画像を読み飛ばしてくれました。画像ページで止まるのが嫌な方はAndroidのTalkBackを試すのもありかと思います。
操作性は色々触ってみたのですが、音量の上下ボタンを同時に押すとTalkBackのON・OFFにできる設定があり、それを使用すると多少操作が楽になります。
Alexaが読み上げてくれるようになったら、本家のサービスのためもっと便利になると期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました